育毛の相談は以下で承っています。

もし、“あなた”が薄毛でお悩みなら、以下のページからご相談を承ります。

2015年4月18日土曜日

50歳代の女性のご相談者の話(130)

先週、50歳代の女性の方がご相談にいらっしゃいました。特に体の内部に問題はありませんが、更年期が始まっているらしいので、効果につながりにくい年代です。

が、このこと自体は、この女性の場合には大きな問題ではありませんでした。

一番の問題は、髪の痛みが激しいこと

その為、コーティング処理をするヘアケアでないと髪がまとまらない上に、乾かすときにドライヤーを当てながら、髪を引っ張るように櫛を通すことが悪かったのです。この2つが大きな問題でした。

元々弱っている頭皮なんですから、髪の毛を引っ張れば頭皮が見えるようになってしまいます。ここで、いつも文句ばかりで、あまり有益な情報を出してしないので一つ良い情報を。

髪の毛を引っ張るように櫛を通すと薄くなる

髪を引っ張るように櫛を通すと、分け目の広がりがさらに広がります。洗髪後にセットする時は、できるだけオールバック気味に乾かして、髪を立てるようにして乾かして下さい。

左右に引っ張るようにセットすると、分け目を広げてしまいます。

そして、朝にセットする時も髪を櫛で引っ張るのではなく、櫛でふんわかさせながらドライヤーを毛と毛の間に当てながらセットして下さい。

櫛で髪をひっぱると頭皮が伸びる

要は、櫛で髪を引っ張ると、頭皮も引っ張られて弱っている頭皮が伸びてしまうのです。

結果として、段々と分け目が広がり、分け目が目立つ薄毛になるわけです。

と言っても、やはり頭皮を正常に戻してあげて、痛みのない毛の部分が伸びてくるのを待つ方が本来良いのですね。 女性が求める「その時効果」は、ロクでもないことにつながりやすいのです。

生活習慣が便秘や体臭・にきび・花粉症を治すコツです。

日々の食習慣が便秘や体臭・にきび・花粉症に有効です。サプリメント情報や健康情報に振り回されて必要なものを見失って、便秘や体臭・花粉症・肌荒れやにきび、あげくの果てには薄毛や生理不順にうつ状態になっていませんか?
http://www.kenkou-labo.jp/