育毛の相談は以下で承っています。

もし、“あなた”が薄毛でお悩みなら、以下のページからご相談を承ります。

2014年11月28日金曜日

ヘアサイクルについて(124)

先日、私のブログのアクセス解析を見ていて、非常に気になったことがあります。

それは、ヘアサイクルについて書いているサイトが目立つようになってきたことです。何故ヘアサイクルについて書いているのか?とよくよく調べてみると、育毛剤のリピートを促すために書いているのですね。

ヘアサイクルとは生まれ替わるサイクル

どのサイトも(と言っても2つくらいですが)、「ヘアサイクルは半年なので」と書いていました。この半年と言う期間は、どこから来たのでしょうか?それとヘアサイクルって、意味を分かって書いているのでしょうか?

たぶん、たいていの人は、肌サイクルについては知っていると思います。お肌のサイクルと言った時、お肌の生まれ変わるサイクルを言いますよね。

とすれば、たぶんこれらのサイトで書かれているヘアサイクルとは、髪の生まれ変わりを言っていると考えられます。

毛の生まれ替わりじゃ3年~5年前後

とすれば、半年で髪が生まれ変わるのかどうかです。こんなことはあり得ません。半年で髪が生まれ変わるなら、毎日560本くらい毛が抜けることになるのですから。

こんなサイトを信じると痛い目にあうのですね。

育毛剤をリピートして欲しい

一見、ヘアサイクルって書いているから、いかにも専門的なことを分かった上で書いているように感じますが、本当は、育毛剤をリピートして買って欲しいから書いている のに過ぎないのです。

今は、こんなサイトが本当に多いです。< br/> だからこそ、

  • どこの
  • 誰で、
  • 電話連絡が取れるか
  • 何をしている人が書いているのか

これらの分からないサイトは、信用するに値しないですね。

あなたの薄毛の原因と育毛の対策の為に

薄毛人口が増えるに従い、育毛の情報も多肢に渡ります。毎年新しい育毛剤が「画期的」の名のもとに発売されますが、薄毛人口が減る気配がありません。薄毛や育毛に対する認識や捉え方が間違っているからとしか思えません。
http://www009.upp.so-net.ne.jp/yosi-tama/

2014年11月1日土曜日

「自然治癒力」と「発毛」(123)

「自然治癒力」と「発毛」について、あるメールマガジンを読んで、とても疑問に感じました。

メールマガジン名は言えませんが、発毛に必要なことを書いているマガジンらしいですが、2号見た限りではウイッグのことしか書いていませんでした。

脱毛症と薄毛は全く違う

そして、関連するサイトを拝見しましたところ、脱毛症と薄毛を一緒くたに書いているのですね。

円形脱毛症やびまん性脱毛症は、いきなり脱毛してしまい生えなくなるですから脱毛症ですし、発毛する必要は出てきます。

脱毛症は回復力がすさまじい

そして、回復する時には毛のないところに発毛してきて、それも以前の毛と同じ状態の毛が発毛してきますから、その回復力はすさまじいものがあります。

でも、これが中々できないのですね。だからこそ、多くの円形脱毛症やびまん性脱毛症の人は、病院ショッピングをするのです。

薄毛は長くかかり段々と

ところが、普通の薄毛の人は、いきなり脱毛して薄くなるのではなく、その前に長い長い経過期間があります。

何年にも渡る長い経過期間を経てから、抜け毛が急増する時期があり、薄くなる場合が多いのです。(抜け毛が急増しない場合もあります)

結果、毛の寿命も太さも、ゼロになってしまっている毛穴もあります。そんな状態の部位が、例えばM字の毛のない部位なわけです。

進行するにも年月がかかりますから、回復するのにも年月がかかるのが普通なのです。

毛の寿命と太さ

円形脱毛症やびまん性脱毛症の場合は、寿命や太さがゼロになったわけではないので、毛が無くなったところに発毛してきます。

が、普通の薄毛の、例えばM字になった毛の無くなっている部位の中で、寿命も太さもゼロになっている部位からはほぼ100%の確率で戻りません。寿命も太さもゼロだからです。

自然治癒力で発毛しない

以上のように見てみると、「自然治癒力で発毛する」と言う表現はどうもおかしいな?と思いますよね。少なくとも、自然治癒力で発毛するのは、 円形脱毛症やびまん性脱毛症のような脱毛症に限られますし、ましてや、体内のホルモンの働きを活発化させたりするのは、当然のことながら自然ではないと言うことですね。

女性の薄毛に頭皮の為の育毛法が効果的

女性の薄毛は、頭皮と心身からの育毛法が効果的なです。頭皮・心身のどこに問題点があるか探り、貴女に必要な育毛法を採りましょう。貴女の頭皮を見せて下さい。
http://www.yy-jp.com